2009年12月08日

一般家庭用メタルフレームガチガチ計画

いまさらですが・・・

G&Pフレーム昔に比べると精度は確実に向上しているが、稀に許し難いガタツキがあったりする。

修正にはピンを打ったり金属パテを盛ったり削りだしスペーサーを製作したりと工具や知識が必要であった。

今回は一般家庭レベルでの修正方法を。

必要工具
①紙ヤスリ
②瞬間接着剤
③カッターナイフ
④やる気


基本的に絶対にやってはいけないのがフロントピンをハンマーで力任せに叩くこと

M系フレームで最重要部分である。

必ずヤスリやドリルで慎重に仮穴を整える。

ストック側の『爪』にガタツキがある場合は爪の塗装を紙ヤスリで除去しそこに紙ヤスリを瞬間接着剤で接着。
更に紙ヤスリに瞬接をしみこませると樹脂と同等またはそれ以上の強度になり、プラ板やアルミ板にはない『味』が生まれる。



よく乾燥させた後、カッターで成型




余分なバリを取ると完成である。



あとはフロントピンを取り付けて。

ガチガチ計画完了

※とは言え0,1mm程度の遊びがなければピストン打撃により割れちゃいますのでご注意を。。。





Posted by yutakatika  at 11:43 │Comments(0)

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
yutakatika
yutakatika
総管理人Yutakatikaです。

ブログ更新はチーム仲間とでやってます。
オーナーへメッセージ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人